遺品整理士になるために…(15)

2018.08.27

  • 遺品整理士になるために…

「遺品の不法投棄」の問題について、説明します。

遺品整理にまつわるトラブルのひとつに、

業者が遺品を不法投棄する事例が挙げられます。

そもそも廃品を引き取る場合は、

市町村から一般廃棄物収集運搬業の許可を得る必要があり、

廃棄物を処理するには費用がかかります。

悪質業者の場合、廃棄物処理に係る費用を見積もらず、

競合他社よりも費用面で優位に立ったり、

処理費用を見積もった上で不法投棄し、当該費用をピン撥ねしたり、

更には一般廃棄物ではなく、産業廃棄物として埋め立ててしまう等、

平然と違法に手を染めている業者も存在します。

依頼者側からすると、引き取ってもらった遺品が、

その後どのように処分や処理がされているのか、

その顛末までは知り得ないのが現状です。

もしも、依頼をした業者が不法投棄し、

それが元で摘発されたとしても依頼者には関係がない、

責任がないと言いたいものです。

しかしながら、不法投棄した遺品の内容から依頼者の身元が判明し、

警察等から問い合わせの連絡が来たり、

法的責任を追及されたりした事例があるのも事実です。

従って、業者選定に関しては、

「一般廃棄物収集運搬許可」を得ているか、「古物商」の許可を得ているか、

不用品の処分の方法がマニュアル化されているか、

また、透明性を持って事前に詳細説明を受けたか等、

慎重に事前確認することが必要不可欠なのです。

※遺品整理士養成講座・提出レポート参照

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社
TEL 029-888-1960
居宅介護支援事業所
TEL 029-875-3353

メールでお問い合わせ