遺品整理士になるために…(12)

2018.08.24

  • 遺品整理士になるために…

相続放棄する家庭の増加と遺品整理との関係性について説明します。

相続放棄する家庭の増加と遺品整理とに特別な関連性があるとはいえません。

相続放棄に関しては、債務超過の被相続人が多くなれば、

増加するであろうと考えられますが、

遺品整理において浮上した物品(遺品)は、故人が使用した生活用品であり、

殆どが価値のない動産が主な物であると考えられます。

それらは、主に「形見分け」に該当し、「相続」のそれとは異なります。

別の視点から捉えた際、相続放棄の意思表示が受理された、

或は相続放棄を意思表示する予定がある場合、

不用と判断した遺品を処分して良いのか否か、

形見分けとして貰っても良いのか否か等の

選択や判断を迫られる家族や親族(いわゆる相続人)が

増加することが予想されます。

※遺品整理士養成講座・提出レポート参照

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社
TEL 029-888-1960
居宅介護支援事業所
TEL 029-875-3353

メールでお問い合わせ