遺品査定士になるために…(23)

2018.11.03

  • 遺品査定士になるために...

遺品査定業務に関係する器具・機材について、使い方・用途を説明します。

 

(1)  比重計

 

固体や液体の密度を測定する測定器具を比重計といいます。

比重を求めるには質量と体積の測定が必要で、固体の場合はアルキメデスの原理を使用しますが、液体の比重の測定には前もって測定された比重ビンによるものや、比重天秤、あるいは浮秤が利用されています。

浮秤はガラス栓の下部小球に鉛、水銀、鉛の小球が封入されている構造となっており、液体中に浮かべて沈んだ体積からその比重を知ることができます。

浮秤は、自動車のバッテリー液の比重を測定し、充電状況を知るために多く利用されています。

バッテリー液の比重とは、水とバッテリー液の重さの相対的な比を表します。

バッテリー液の比重は、通常完全充電時で1.28とされています。

また、温度によって多少変動します。

温度が高いほど比重は低く、低ければ高くなります。

つまり、バッテリー液の重さが水の1.28倍ということです。

比重が高い、低いというのは、バッテリー液の重さが重い、軽いと言い換えることができます。

比重計による測定により、このような判断が可能となります。

 

※遺品査定士養成講座・提出レポート参照

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社
TEL 029-888-1960
居宅介護支援事業所
TEL 029-875-3353

メールでお問い合わせ