遺品査定士になるために…(19)

2018.10.21

  • 遺品査定士になるために...

遺品査定業務上、トラブルを防止するにはどのようなことが必要か?

【 事例1 】

遺品を査定し、買取をした家電が、持ち帰った後に、

全く人気がなく、販売が難しい品物だと判明した事例

 

 遺品の買取については、クーリングオフ制度等も適応される場合があるので、

遺品の売却について十分に考える意味でも、

物事を一歩下がってみるという視点が必要です。

当初から販売することを想定した「買取」を行う時点で、

商品価値があるのか否か、十分な査定を行う必要があります。

遺品査定が不十分であり、安易に買取った結果、

売り物にならない遺品を買取ってしまった、

商品価値がないので販売が難しいというようなことにならぬよう、

「遺品の買取」について、学習し、遺品査定士として

十分な知識を備えることが必要と言えます。

 

※遺品査定士養成講座・提出レポート参照

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社
TEL 029-888-1960
居宅介護支援事業所
TEL 029-875-3353

メールでお問い合わせ