遺品査定士になるために…(13)

2018.10.15

  • 遺品査定士になるために...

「リユース」について、説明します。

再使用(再利用)すること。

そのままの形体でもう一度使うこと。

例えば、ビール瓶・牛乳瓶などを洗浄・消毒して何度も使うことをいいます。

これに対しリサイクルは、製品を粉砕・溶解・分解するなどして原材料化したり、部分や部品を用いて再資源化・再生利用することを指します。

従来から、家族内や知人内での製品のお下がりや、地域内での不要品のバザー、あるいは廃品回収など、小規模のレベルでは行われてきましたが、本格的な循環型社会の形成のためには、社会構造的にリユースの流れを構築することが望まれています。

 

※遺品査定士養成講座・提出レポート参照

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社
TEL 029-888-1960
居宅介護支援事業所
TEL 029-875-3353

メールでお問い合わせ