遺品査定士になるために…(9)

2018.10.11

  • 遺品査定士になるために...

「訪問買取」について、説明します。

 消費者の家庭や職場を業者が訪問して、

貴金属など財物の鑑定と買い取りを行う方式を指します。

業者は、古物商許可証、または、行商従業者証の携帯が義務づけられます。

貴金属類等の押し買いを防止するため、招かれ、頼まれていないのに訪問して

物品を売って欲しいと勧誘する行為は禁止されています(不招請勧誘の禁止)

但し、事前に電話によるアポイントを取り、訪問の承諾を受けた後に訪問して

物品を購入することは認められています。

訪問の承諾があったからといって「古着を買い取ります」という約束で訪問して、

貴金属を買い取る勧誘をすると、上記の「不招請勧誘の禁止」に該当してしまいます。

これは、最初は不用品のみを買い取ると言っておきながら、いざ訪問すると

本来の目的物である貴金属を無理矢理査定し、

押し買いする業者による被害が多発したためであります。

また、「無料で査定します」という触れ込みで訪問して買取の勧誘をすることも

「不招請勧誘の禁止」に該当します。

依頼者が承諾したのは「査定のみ」であり、「買い取り」を目的とする訪問は

承諾していないと見なされるからです。

訪問のアポイントを取る際に「査定後に契約の勧誘をしてもよい」という

承諾があれば、訪問時の勧誘も可能となります。

※遺品査定士養成講座・提出レポート参照

お問い合わせ

ご相談・ご質問など
お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

本社
TEL 029-888-1960
居宅介護支援事業所
TEL 029-875-3353

メールでお問い合わせ