武洋の想い|心のこもった遺品整理・生前整理は茨城県稲敷郡阿見町の武洋

武洋の想い

故人の生きた証を大切に

わたしたちは、平成6年より福祉の実務経験を積み、主任ケアマネージャー・介護福祉士・社会福祉士・精神保健福祉士などの資格を取得しながら様々な経験をしてきました。そんな中、介護を通じて一緒に過ごしてきた方の遺品整理に立ち会う機会があり、そこで経験した遺品整理があまりに衝撃的で残念でなりませんでした。業者の方はもちらんビジネスとして行っており、依頼者もご納得の上だとは思いますが、故人の生きた証が無造作に整理・処分されていくことにとても憤りを感じました。わたしたち武洋では、介護・福祉に携わる者として「故人の生きた証」を大切に残したいと思っております。

遺品のイメージイラスト

一緒に立ち会って頂きたい

ご遺族の方々の様々な理由から、「費用」「スピード」を求められることもあるかと思います。もちろんご要望に応じてご対応もさせて頂きますが、わたしたちとしては是非ともお時間が許す限り「一緒に立ち会って」頂き、故人を想いながら遺品の整理を行っていきたいと考えております。この業界としては大分変った考えなのかもしれませんが、これが武洋の想いです。

ご遺族のイメージイラスト

福祉に関わる者として

株式会社武洋は遺品整理や遺品査定、生前整理のほかに、もともと介護保険事業や福祉・相談サービスをおこなっています。代表である根本自身がケアマネージャーであり、福祉に長く深く関わってきましたので、「死」という現実にもたくさん出会い、その度に何もなかったかのように処理され、この世に存在した意義は何だったのかわからないまま亡くなっていく方々を見てきました。
遺品整理を通して、今まで触れ合ってきた人達やそれ以外の方々も、その御遺族に対し、福祉にかかわってきた“根本だから”“武洋だから”伝えられる何かがあるのではないかと想っています。「あっけないね・・」で終わらせません。

車いすのイメージイラスト